みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ
メモリー
徒然なるままに、思いついたことを書き連ねます。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交友録4 市井の人々(少年期)
7月4日

 前橋から三重県の津に引っ越し、小学校2年を迎えた。前橋と言っても皆分からないので、東京の方から来たと言っておいた。
 津は昔の城下町で、今は寂れて非常に貧しい街であった。学校室内では上履きも履かず、ほとんどの生徒が裸足であった。自分の家は、わりと裕福で、テレビもあったし、マンガも沢山買っていたので、皆家に遊びに来たがった。学校の帰りには、毎日数人家に集まってきた。自分の誕生日ともなれば、教室内で「今日は栗原君の誕生日だ!」と一人が発表すれば、皆が行かしてくれと大騒ぎになった。自分も困っていると、ガキ大将・稲垣が、お前ダメ・お前は良いと振り分けて行ったものだ。親友印田から「何故、稲垣を呼んだの?怖いから?」と言われたものだ。印田とは、今でも付き合いがあり、一番古い親友だ。
 小学校時代のリーダーは、喧嘩が強い奴か、スポーツのできる奴に限られていた。当時は、野球とドッジボールが盛んで、早起きして毎朝授業が始まる前の6時頃に校庭に集まり、放課後も下校のチャイムが鳴るまでプレイしていた。自分は、ドッジボールが得意だったので、転校してもすぐ皆と溶け込んだ。前述した稲垣と印田と自分が、ベスト3だったと思う。
 学校帰りは、自分の家の近くの空き地で泥んこになって遊んだものだ。田舎だし、当時は車も走っておらず、遊ぶ処は至る所にあった。今と違って塾もなく、勉強などしたことはない。
小川には、フナが泳ぎ、野原には、バッタ、コオロギ、クツワムシなど、それこそ毎日自然の中で遊んでいた。海のそばの家だったので、夏休みになると、泊りがけで友人が来て、泳いだり釣りをしたりした。
 2年の時の担任は、オールドミスの陰険な女教師であった。よく物指しで叩かれたものだ。3・4年も女教師であったが、この人は良かった。自分を”国語の王様”と言って可愛がってくれた。自分は家で勉強したことはないが、母親の影響で幼い頃より本だけはよく読んだのだ。
 4年の一学期で転校となったが、今思い出しても、津が自分にとっての故郷である。引っ越した当時は何人もと文通をしていたが、去る者日々に疎しで、46年経った今では前述の印田一人になってしまった。
彼は、中学・高校時代に卓球で県優勝したというが、奇しくも自分も卓球をしていたというのもやはり因縁か?彼は幼い頃より抜群の運動神経の持ち主で、大学ではゴルフ部。現在大手企業に勤務しており、未だにゴルフを趣味として、シングルプレイヤーだという。
 大学時代までは、彼以外にも数人の付き合いがあったので、3年の夏休みには東京から津に行き、1ヶ月間友人の家を泊まり歩いた。彼らと別れて11年目の事であったが、皆歓迎してくれた。皆でお膳立てをして、初恋(小学3年生時)の彼女にも逢わせてもらった。美少女の面影はなく、太ってしまっていた。何とも思っていなかった女性にも会ったが、彼女の方がずっと綺麗になっていた。やはり、初恋は胸に秘めておくべきなのだろう。
 1ヶ月津に滞在した後、3人の友人を東京に連れて帰り、自分の家でマージャンをしたり、飲み明かしたりしていた。そんなに長く一緒にいても全く飽きない連中であった

テーマ:徒然日記 - ジャンル:日記

交友録3 市井の人々(幼児期)
7月3日

 昨日は、自分の付き合いで有名人を紹介したが、今日は一般の人だが、自分に影響を与えた人々に登場願う。
 未だに付き合いのある中で一番古い友人は、小学生2年に遡る。自分の父親が銀行員であったため、幼い頃は2年おきで転校していた。生まれは渋谷だが、幼稚園が山形と前橋、小学1年も前橋で、2~4年が津、5~6年千葉、中学は世田谷、高校も世田谷だが、両親と弟は、自分が1年の時西宮に引っ越し、自分は高校1年の夏より2年まで一人で下宿していた。1年の時は、親戚に預けられたが、気を使うため2年になると、一人で暮らした。幸い父親の会社の子弟寮(社員の息子が入寮し、主に大学生)があって管理人がいたので自炊だけは免れた。朝晩の食事は、用意してくれたが、部屋の掃除と洗濯は自分でした。全く干渉されず、自由そのままだった。外泊も自由だし、多感期の一人暮らしで生活は乱れた。高2の1時間目の授業など、ほとんど出たことがない。友人も悪中間の方が、真面目な学生より、ずっと面白かった。
 さて、時代を過去に遡るが、渋谷で生まれ、その後飯田橋で4歳まで暮らしたらしいが、当時の記憶は全くない。山形の幼稚園は、ミッション系で厳しく、悪戯をしてよく懺悔室に閉じ込められたのを何となく覚えている。その時の友人とお互いあちこち転向し、小学5年の時、千葉の小学校で再会したのには、驚いた。
 小学1年の時は、腕白坊主と毎日つるんで、皆をいじめていたが、当時のいじめは決して弱い者いじめではなく、陰険さもなかった。喧嘩することで、仲良くなって行ったものだ。腕白坊主の彼とは、毎日交代で日替わり”隊長”ごっこをやった。その日”隊長”になった者の言うことに絶対服従するのだ。最後はお互い我が強かったので、喧嘩して口も利かなくなった。自分は2年生に上がる前に、転校することになったが、しばらく絶交していた彼が、母親と一緒に見送りにきた。口は利かなかったが、自分が乗った電車が走り出すと、手を振って走ってきた。車窓から、彼を見ていた自分も思わずホロリときた。
まだ幼すぎてお互いの連絡先も知りえず、彼とはその後会うこともない。幼き日の最初の友情であった。

テーマ:過去のニュース - ジャンル:日記

自分の交友録2(有名人)
7月2日

 自分の交友関係で有名人を紹介したい。
まず実弟であるが、日本人初のフィンランドジャーナリストとして、フィンランドの紹介書籍のほか、労働法に関するものや、日本史論、小学校の国史論等の著作家である。学生時代より、冒険家で早くより家を飛び出し、放浪癖が多かった。世界中をアルバイトしながら見て回っていた。自分は、結婚が早かったが、「兄貴のように普通に大学を卒業し、普通のサラリーマンになり、普通に結婚して家庭を持つ。そんな人生どこが面白いのか」と言われたもんだ。そんな事を言いながら彼も大学卒業後、就職してすぐ結婚したが、カミさんを若いうちに亡くした。子供はいなかったので、日本にいたくないと、フィンランドへ旅立った。カメラマン件作家として成功している。フィンランド人と再婚し、二児の父親だ。http://www.excite.co.jp/book/product/?k=%8CI%8C%B4+%8CO&target=author&page=1
 次に、自分は大学卒業後、キャラクター最大手の一部上場企業に入社したが、ライバル会社のデザイナーでその後独立し、日本最初のウエブデザイナー、コンピューター出始めの頃に大手のWeb製作や、デザイナー支援のSOHO事業を立ち上げ、何度も新聞に登場している鋤柄女史を紹介したい。イラストレーターやフォトショップ等のパソコンデザインソフトを中心とした出版物を、20冊以上執筆している。今は、クリエーターを中心とした人材派遣業に力を入れている。http://www.cosmos-net.co.jp/outline/index.html
 また、ある人の紹介で知り合った江島 優氏は、国内最初のヘッドハンタ-事業を起こした人で、現在東京エグザグティブサーチの会頭で80歳を超えても矍鑠としており、油絵画家でも著名である。企業より、社長のヘッドハンティングを中心に請け負っている。http://www.tesco.co.jp/c1.html#
 元プロ野球投手である島田源太郎氏については、自分のウエブでも紹介している。http://kurimasa.family-net.cc/baseball.hobby.htm
未だかつて破られていない最年少完全試合達成投手(3年目20歳の時、阪神相手に1対0)と一度現役を引退しコーチとなった後、現役復帰しての3勝も不滅の金字塔であろう。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E7%94%B0%E6%BA%90%E5%A4%AA%E9%83%8E今は、民間会社の役員をしておられるが、毎月2度は、お会いしている。
 プロ野球といえば、小学生の同級生”猪田”が、捕手として中日に入団したが、残念ながら一群の実績は残せなかった。その他、中学時代の同級生には、中日の永久欠番10西沢道夫の息子がおり、昭和41年には、丁度中日の監督に就任していた。当時の中日は弱く、「西沢君、中日また負けたね」と、皆にからかわれていた。同じ中学には、外交官大使の息子もおり、彼とは、親しくしていた。
 その他、弁護士・裁判官・刑事・弁理士・ヤクザ・大企業の社長等様々な人たちとの交流がある。今住んでいるマンションでも一番親しくしているのは、鍋島藩主の末裔で、よく歴史の話をする。
 最近では、68歳で作家デビューした元上司もいる。自分は、この人の引きで今の会社に中途入社したので恩人に当たる。会社での評価はあまり良くなかった。一度は役員になったが、すぐ降格されている。自分はこの人の下で10年以上やっていたが、未だに出世できないのはそのせいかもしれない。しかし、非常にバイタリティ溢れ、アイディアマンでユニークな人だった。やはり、社内より外部の付き合いが多かった。現代人が忘れているハートがあり、日本昔話を題材とした心温まる小説で文壇デビューした。http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-02496-7.jsp
 作家といえば、高校の同級生だった井沢元彦が、大物歴史小説家である。執筆数は、数知れぬし、テレビにも頻繁に出てくる。高校同期生での一番の出世頭だろう。http://www.gyakusetsu-j.com/index.html
 仕事で知り合った中小企業の社長も多いが、仕事を離れても付き合っていただいている人が数人いる。彼らは一様に人脈があり、人生経験も豊富で大変勉強になる。自分は業務上、外に出回っていることが多いが、社内にいても勉強にならない。大半は、外部の人に教わることが多い。自分は、テニスもゴルフも一応やるが、会社の人間とはやらない。普段顔を合わせている人間と休日まで会いたくはない。
 いずれにしろ、会社を離れた様々な付き合いのほうが、落ち着くし、会っていて面白い。普段会えない昔の仲間との交流は、癒しとなる。





テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

自分の交友関係1(一般)
7月1日

 自分の交際範囲はかなり広いが、昔から3人の友人を持て、業種として医者・弁護士・銀行員と言われている。最近は4人目として不動産屋も入ると思う。弁護士と銀行員は、大学時代の親友だし、不動産屋は、前の会社の先輩で、会社を退職して独立し、大手フランチャイズに加盟していた頃は、毎年専任契約トップクラスの成績を収めていた。今では、”フランチャイズで学ぶものなし”と脱退し、社員数人を使い独自でやっている。無論自分の今のマンションも、彼に頼んだし、自分の友人も何人か面倒見てもらっている。
 医者も高校時代のクラブの親友が、開業医の親父の後を継いで、下北沢で開業していた。大学まで付き合いがあったが、自分も引っ越し、彼も横浜の方に移ってしまったので、今では疎遠になってしまった。どうしているかな山元君。
 そう言う訳で、医者の友人だけはいないが、その他、自分は法学部出身だが、学生時代遊び呆けていたので、現在民間企業に甘んじているが、友人の中で優秀なのは、弁護士・裁判官・役人・県警の刑事などがいる。学部が違えど、経済学部出身の輩には、公認会計士・税理士・経営コンサルタント・銀行員などがいる。
 自分の友人は、独立しているか、サラリーマンでも最低上場企業の部長となっている。親戚もすべて上場企業、弟はプロのカメラマン件作家である。つまり、自分だけがうだつがあがっていない。
今の会社は技術系で、入社してから外部の技術屋とも知り合ったが、これまでの周りは、皆文系であった。学生時代から物理と化学は、大っ嫌いで、授業はほとんどサボっており、高校時代この時間になると喫茶店にフケ、別名サテン男と言われたものだ。縁あってこの会社に引き抜かれたが、昔のツケが回ってきており、出世は見込めない。
 だから今、会社以外の世界に喜びを見出そうとしている。こんな事を書いているのもその例だし、先日読んだ”50代の生き方”という本の中でも、定年以降の己の生き方を決めるのが50代であり、人に使われての仕事だけの人生では、定年後惨めな人生を送ることになるとあった。無論、独立して自分でやっている人間は、定年がないのだからその限りではないであろう。
 とにかく世の中、肩書だけで仕事している奴が多すぎる。そんなものは、その会社を辞めてしまえばそれまでだ。統計上でも、会社の付き合いなど会社にいる間だけで、定年もしくは、その会社から離れれば、ほとんど縁がなくなっていくという。
 自分は、そんな付き合いはしたくない。先にあげたように会社外の自分の周囲は、優秀な奴ばかりだが、高校時代・大学時代・元の会社のOB会・現在の外部との異業種交流と、すべて自分が音頭を取っている。町内との付き合いも多い。
 社内よりも社外の人脈を大事にしていきたいと思っている。

テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

音楽編集終了
6月25日

 平日3時間、土・日ほぼ一日がかりでようやく7本のMP3ウォークマンへの音楽取り込みが終わった。
すべて2ギガでMP3の2倍に圧縮したATRAC形式で取り込んだので実質7本で28ギガ、約14,000曲だ。1950年代から80年代のブリティッシュ・ロック/アメリカンロック/男性ヴォーカル/女性ヴォーカル/日本のグループサウンズ/日本のフォーク(以上アルバム)と海外ポップス・オムニバスは、収録した。自分のコレクションにはこの他、映画音楽とクラシックがあるので、とても収録しきれなかった。MP3CD52枚、CD150枚、MD150枚で総数軽く2万曲は越えている。
http://kurimasa.family-net.cc/music.hobby.html

テーマ:すっごいどうでもいいこと - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。